中学受験の対策として塾と家庭教師によるサポートを受ける

家庭教師案内

補助

taisaku

家庭教師とは、家庭教育の一環として、私的に教育を依頼する教師のことです。家庭教師は、学校で受ける授業の補助的役割として存在しています。

家庭教師を探すには、仲介業者や派遣業者を利用するか、ネットなどで個人契約できる相手を探すという方法もあります。
仲介業者や派遣業者というのは、利用者の希望に合うような講師を紹介するのが特徴です。登録している人の中から、条件が一致する講師を選抜し、指導内容の決定や研修が行われた後に紹介の連絡が来るといった流れです。

一方、ネットを利用して個人契約を行うことも可能です。業者を通すと交渉の手間が省けますが、個人契約だと自由に交渉できるのがメリットとも言えます。このように、どの部分をメリットと思うかは個人差があるので、状況に応じて探し方や利用方法を適切に選ばなくてはなりません。

対策

派遣形式をとっている企業の場合、小学生から高校生くらいまでのお子さんを対象としたコースが多いです。また、一部では幼児コース、不登校のお子さんをサポートするコースなども設けられています。
一般的に、受験対策の一環として家庭教師をつけ始めることが多いです。小学生であれば中学受験、中学生であれば高校受験、高校生であれば大学受験のための対策というような感じです。また、幼児コースの場合には小学校受験のための指導が行われています。

受験対策はいつ始めるという決まりはありません。ただし、高校受験を控えている中学生が、大学受験のために対策を行うというのは考えにくいです。したがって、高校受験のことを考え出すのは早くても中学1年生頃ということになります。

受験のための勉強は、早く始めれば始めるほど1日あたりの負担が軽くなります。また、中高一貫校のサポートコースなどもありますので、色々な状況に対応可能なサービスとなっています。

無料体験

study

家庭教師のメリットは、家庭に来て指導を行ってもらえることです。学校の場合はこちらから通いますが、家庭教師は都合に合わせて派遣してもらうことができます。
また、業者によっては無料体験というのも行われています。実際の指導を無料で体験することができるので、教師との相性を判断しやすいようになっています。

家庭教師の最大の特徴は、指導がマンツーマン形式で行われることにあります。学校の授業やなどでは実現できない形式ですので、周りを気にせず自分のペースで勉強を進めていけます。
質問をしやすい環境なので、わからない部分を理解するまで聞くことができます。したがって、学校の授業やの補助的役割を果たしているのです。


イチ押しリンク

家庭教師を大阪で依頼(家庭教師情報ガイド)

新しい記事

jyuken

受験

中学受験とは、中学校に入学するための試験を受けることです。私立中学を受験する、もしくは中高…

詳細はこちら
hosyuu

補習

塾とは、小学校や中学校の授業の他に、教科の補習や進学準備のために通う施設のことです。つまり…

詳細はこちら

ニュース

2014/02/25
受験
2014/02/25
補習