数年前の話になりますが、乗っていた車

数年前の話になりますが、乗っていた車の買い替えをしようとした際、より高い価格で買い取ってもらえる会社を見つけたいと思っていたことがあります。その時には、情報収集の方法としてインターネットで車の査定価格を詳しく研究した上で、車一括買取サイトに依頼を行いました。

考えていたよりも安い金額の提示が多かったのですが、中古車の市場価格は時期によってもわずかに異なるようです。

車を購入する友人たちに聞くと、古い車はほぼ100%下取りに出しているようです。

下取りはすべておまかせですが、買取は査定に来てもらう手間があります。

売るほうの気持ちの問題もありますが、車のコンディションや年式によっては買取業者のほうが利益が出る場合があります。僕は前に安く下取りに出して悔しい思いをしたので、今回は下取りと買取で競合させてみました。

すると下取りのほうがかなり安いことに気づきました。

買取業者に「査定通りで買うんですか」と訊いてしまったほどです。

買取業者は即日で現金で払ってくれたので、さっそく新車の頭金にあてました。下取りを値引きだと思っていると損ですよね。

車を下取りに出すときに必要な書類は、なんといっても車検証です。この書類がないと、下取りをすることができません。ちなみにですが、フェリー乗船の時にも必要となります。車検証というのは、すごく大切な書類です。

そのため大切に保管する必要があります。

さらに、整備記録等もあれば、下取り価格が上がったりとします。

車を売る時には、書類が色々と必要なのです。

いくつか例を挙げれば、車検証はもちろん発行後1ヶ月以内の印鑑証明、自賠責保険証明書、自動車納税証明書などが主に必要で、また実印も用意が必要です。

また、店舗にて準備する書類として、譲渡証明書、委任状などもあります。車を売る時には、高値で売ることができる時期やタイミングを逃さないように十分に気を付けることが重要です。

例えば、3月の決算期や9月の中間決算の頃は車を高く売ることが可能です。

そのほかに、冬季の前には、4WDなどのアウトドア車が売れやすいと考えられます。

こういったように、車を高値で売るには、時期を考えるのも必要となるのです。

車を販売する場合に、ちょっとでも、高く売りたいと考えるならば、様々な会社に査定を依頼してから売ることを決断した方が良いと思います。

どうしてかと言うと、その会社により査定額や条件などが違うことがあるからです。

後で後悔しないためにも、複数査定を受けることが良いです。

車種によっても査定額に差はありますが、特に人気の高い車種は買取でも高い査定結果を出してもらえます。例を挙げてみると、トヨタのプリウス、日産のセレナ、ホンダのN-BOXなどは査定額が上がりやすい、人気の車種です。

例え購入当時に人気が高い車種だったとしても、実際に車を売却する時に他の車種に人気が奪われている事、しばしばあります。

このような場合は反対に買取額が下がってしまう傾向にあるようです。以前、インターネットの一括査定サイトを利用して、車査定を出張で受けてみました。この業者は無料出張査定を行っているので、手数料なしで査定を受けられました。ディーラーの下取りを利用したときは査定料がかかりました。後で、買取業者に出した方が高く売れたとわかったので、これからは、古い車の売却は買取に限ると思いました。

ネットオークションの方が高く売れると言われたこともありますが、車の個人売買は素人には難しいそうですし、何かあった時に対処する自信もありませんので、業者の買取を利用した方が安心です。